コラボレーション

「ぼくらが日本を継いでいく」展で初音ミクが琳派(日本画)と融合した話

初音ミクが描かれた掛け軸3種
画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI / iXima © Crypton Future Media,INC. www.piapro.net ©RINne Associe ©CollectionJc)

こんにちは。初音ミクさんファンのジュンヤ(: @junya0w0)です。

ジュンヤ
ジュンヤ
今日は「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」展(通称:「ぼくらが日本を継いでいく」展)の話題をまとめました。

この展示会は、ミクさんを始めとした現代のキャラクターが、琳派や若冲など日本画と融合した作品を展示するものです。他にも、リラックマ、鉄腕アトム、ブラック・ジャックなどが描かれています。(ここではミクさんに焦点を当てます)

それでは詳しく見ていきましょう

どんな展示会か3行で説明

①初音ミク・鏡音リンレンなどが、琳派や若冲など日本画と融合した作品を展示している。イベント名は通称「ぼくらが日本を継いでいく」展。
※肉筆画と複製原画を展示。

②「ぼくらが日本を継いでいく」という名前は、日本文化に関心のある若者たちに日本文化を継承してほしいという想いが込められている。

③それら作品(絵)を印刷したポストカード、クリアファイル、手ぬぐいなどがグッズ販売されている。

 

案内ツイート

ジュンヤ
ジュンヤ
ツイートでは「帝国ホテルで開催」とありますが、正しくは「帝国ホテル東京の隣りにある建物(帝国ホテルプラザ)で開催」です。(念のため)

 

ジュンヤ
ジュンヤ
着物姿のミクさんがたいへん美しく、うっとりしたため息が出ます

 

イベント詳細情報

・主催:Collection.jc(コレクション ドット ジェイシ―)
・開催場所:帝国ホテルプラザ東京 2階「Collection.jc」
・開催期間:2020年2月8日(土) 〜 5月10日(日) 11:00〜19:00
・入場料:無料
・アクセス:GoogleMAP
・会場情報:帝国ホテルプラザ Collection.jc

ジュンヤ
ジュンヤ
2/8から開催していますが、ミクさん関係の展示が始まったのは3/10です。

 

展示物(初音ミク関連)

金屏1点

初音ミが描かれた金屏を斜めから撮影画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI © CFM © RINne Associe © CollectionJc)

 

初音ミが描かれた金屏を近くから撮影画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI © CFM © RINne Associe © CollectionJc)

尾形光琳(おがたこうりん)の「燕子花図(かきつばたず)」の複製にミクさんを描いたものですね。

ジュンヤ
ジュンヤ
燕子花図と同じ大きさなのであれば、高さは約1.5mあります。現地で見たら迫力があるはずです。

掛け軸4点(内1点は鏡音リン・レン)

初音ミクが描かれた掛け軸3種画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI / iXima © CFM © RINne Associe © CollectionJc)

 

画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI © CFM © RINne Associe © CollectionJc)

着物姿の絵は、酒井抱一(さかいほういつ)の「桜に小禽図(さくらにしょうきんず」かなと思います。

ジュンヤ
ジュンヤ
着物の青緑色がたいへん美しいですね。

 

鏡音リン・レンが描かれた掛け軸画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI © CFM © RINne Associe © CollectionJc)
ジュンヤ
ジュンヤ
ボーカロイドキャラクターは、ミクさん以外に鏡音リン・レンも登場します。

今回は話題から外していますが、他にもリラックマ、鉄腕アトム、ブラック・ジャックなどが描かれた掛け軸があります。

 

グッズ販売(初音ミク関連)

ポストカード6種 280円?(税込み)

初音ミク、鏡音リン・レンが描かれたクリアファイルとポストカード画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI / iXima © CFM © RINne Associe © CollectionJc)

 

クリアファイル4種? 各440円(税込み)

上の画像のクリアファイルです。

 

てぬぐい6種 各2,200円(税込み)

初音ミク、鏡音リン・レンが描かれた手ぬぐい6種画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI / iXima © CFM © RINne Associe © CollectionJc)
ジュンヤ
ジュンヤ
手ぬぐいは使っても良いですし、タペストリーのように飾っても良いですね。

図録(イラスト集) 2,000円(税込み

初音ミクが掲載されらた図録(イラスト集)画像引用元:Collection.jcツイート (Art by KEI / iXima © CFM © RINne Associe © CollectionJc)

 

見に行った人たちの感想

ジュンヤ
ジュンヤ
べた褒めされるほどの美しさだったのでしょうね。生で見られないのが残念でしょうがないです。

 

ジュンヤ
ジュンヤ
顔アップの写真とスカートアップの写真を見ましたが、「おおお!」です。日本画のことはよく分かりませんが、きめ細かく描かれていると感じました。

「ぼくらが日本を継いでいく」展開催のきっかけ

これらの日本画とキャラクターが融合した作品の制作は、2015年に始まりました。京都で各種染織製品の製作、販売を手がける「豊和堂」(とよわどう)のアートディレクター・山田晋也氏が、「マンガやアニメも、戯画や絵巻など日本古来の絵画の流れを受けているともいえる。では、そのマンガやアニメを琳派の手法で描くとどうなるだろうか?」と考え、琳派へのオマージュ作品を企画したのが始まりでした。

引用元:ぼくらが日本を継いでいく −琳派・若冲・アニメ−  © RINne Associe

 

ジュンヤ
ジュンヤ
発想がおもしろいですよね。見慣れたミクさんのイラストとは、けっこう異なる雰囲気があって印象的です。

普段、僕は日本画にふれる機会はありませんので、その点でも今回はいい機会です。

なお、本編では触れませんが、「ぼくらが日本を継いでいく」展は過去に京都髙島屋や新宿髙島屋で開催されたこともあります。もちろん、ミクさんも登場しました。

 

そもそも「琳派(りんぱ)」って何?

日本美術の流派の一つで、その流派の美術家や作品自体も指します。発祥は安土桃山時代(1500年代後半)。絵の特徴として大胆なデザインと構図をとっているものが多いようです。

代表作の1つが下図の「風神雷神図屏風(ふうじんらいじんずびょうぶ)」です。歴史の教科書で見た記憶のある人が多いかと思います。

風神雷神図屏風

画像引用元:Wikipedia

 

主催者はどんな組織(人たち)?

主催のCollection.jcについて

Collection.jcとはファッション・アニメ・マンガ・ゲーム・サブカルチャーなどジャパンカルチャーの新しい発信地として、せいせいするほど心地良い上品なオタクテイストを作り上げるブランドです。

引用元:Collection.jc ©CollectionJc

「コレクション ドット ジェイシ―」と読みます。ブランド名でもあり、会場名(店舗名)でもあります。

他のプロジェクトとして、さっぽろ雪まつりで、漫画「僕のヒーローアカデミア」の雪像を作ったり、ゴジラ好きなクリエイターたちが65周年を記念してゴジラ&ちびゴジラをデザインし展示したりされているようです。

絵を描いたRINne Associeについて

絵師さんたちはRINne Associe(リンネアソシエ)というチームの方々です。豊和堂(とよわどう)株式会社と細見美術館が作られました。

豊和堂は京都市にあり、きものや帯など各種染織製品の制作・販売を行っており、日本画絵師が所属されています。

細見美術館は公益財団法人細見美術財団が運営する美術館です。こちらも京都市にあります。コレクションは日本美術のほとんどすべての分野・時代(神道・仏教美術、茶の湯の美術、琳派・伊藤若冲といった江戸絵画など)を網羅しているとのこと。

 

まとめ

  • 「ぼくらが日本を継いでいく」展で、初音ミク・鏡音リンレンなどが、琳派や若冲など日本画と融合した作品が展示されています。
  • 見ごたえのある作品ばかりなので、ぜひ1度は見に行ってみるべし。(開催期間は5月10日(日)まで)
  • 写真撮影用に、ミクさんのぬいぐるみを連れていってもいいかもです。運が良ければ、以下のように運営さんにツイートしてもらえるかもしれません。
    ※マナー・モラルは守りましょう。

 

Art by KEI / iXima © Crypton Future Media,INC. www.piapro.net © CollectionJc © RINne Associe © TOYOWADO.co.ltd

この記事のタイトルとURLをコピーする

  

ぷち・ミク活をする(コメントを書く)

メールアドレスが公開されることはありません。