音楽

【海外の反応】「Jump for Joy」の視聴者コメントを翻訳した

「Jump for Joy」のミュージックビデオ
画像引用元:【【巡音ルカ、初音ミク】Jump for Joy - EasyPop【オリジナルMV】”  © CRYPTON FUTURE MEDIA, INC. www.piapro.net

 

ジュンヤ
ジュンヤ
こんにちは。ミクさんファンのジュンヤ(@junya0w0)です。

巡音ルカ10周年記念ソング「Jump for Joy」のミュージックビデオ動画に、外国語コメンがたくさん投稿されています。今日はそのコメントを翻訳しました。

Jump for Joy 公式ミュージックビデオ

 

コメント欄の反応(海外の反応)

※意訳です。正確な翻訳ではないことをご了承ください。

Cure Rainbow Official「this is absolutely amazing! happy 10th anniversary Luka!」
マジで良いな。ルカ10周年おめでとう。

Jason Osborne「Look at Luka’s face, she’s so happy!!!」
ルカの顔を見てよ!めっちゃ幸せそうじゃん!

Raihan Miftah「Me : Is this a modern day Magnet?
Also me : *stillwaitingforenglishandromajisubtitles*」
これ最新のmagnet(曲名)なのかな?あと、ローマ字と英語の字幕が欲しいな。

vocaloids in one song<3 Miku and Luka collabs are always some of the best songs」
私の好きな2人が一緒に歌ってる!ミクとルカのコラボ曲はいつもベストソングね。

CloPoke「MY HEART WASN’T READY FOR THIS
LUKA IS A GODESS AND HER SMILE IS THE PUREST
THANKS FOR THIS LUKA IS MY WAIFU AND I LOVE HER SO MUCH」
俺の心のキャパを超えてるわ。
ルカは女神であり、笑顔にいっさい濁りがないな。
このルカは俺の嫁だし、ルカを猛烈に愛してる。

Cyp Leo Cay「
This
Song
Is

Magical~~

And Kawaii
JUMP FOR JOY~~」




魅力的
だし
可愛い 
JUMP FOR JOY~~

Hasna Chan23「That’s true!!」
ほんとそれ!!

Kaito Melt「Miku & Luka always sound perfect together, Best VOCALOID duo, ever. EasyPop music always brings us happiness, he is one of the top vocaloid producers, glad Crypton gave him this opportunity. Happy Anniversary Luka chan! (my second favorite Vocaloid)」
ミクとルカが一緒に歌うといつも完璧に聞こえる。史上最高のVOCALOIDデュオだよ。EasyPopの音楽はいつも幸せにしてくれるし、彼はボーカロイドのトッププロデューサーの1人だ。Cryptonがこの機会を用意してくれたことに感謝してる。ルカちゃん記念日おめでとう!(自分の中で2番目に好きなボーカロイド)

僕の感想

イラストが凶悪なまでに可愛いいですね。リボンの色がお互いの色になっているところもすてきです。

しかし、タイトルといい曲調といいポジティブな曲に聞こえますが、歌詞はわりとネガティブというか意味深ですよね。例えば、”悲しみと痛み 焼き付けて 喜びを舞おう”、”喜びの裏には 悲しみが居座って 笑顔の裏には 涙が 隠れて落ちる” の部分です。「巡音ルカ10周年テーマソングという肩書曲で、これはまた凄いのが来たなあ」が正直な感想です。

ところで、翻訳時に印象的だったのが「凄くいい曲なんだけど、ルカの10周年記念ソングなのに何でソロ曲じゃないのさ。ソロ曲を用意してあげてよ。」というコメントが多かったことです(少なくとも10件)。自分はそこに意識が回っていませんでしたが、言われてみるとなるほどと思いました。普通に考えればソロ曲を用意するでしょう。

つまり、歌詞が意味深であることを考えると、デュエット曲にしたのも何かしらの想いや意図があると思うのです。

ただ、自分には想いや意図が読み解けなかったので、参考情報として、作詞作曲したEasyPopさんのブログ記事(Jump for Joyについての記事)から、気になった文章を抜粋引用します。

ただ明るいだけの、
ただおめでたいだけの曲には絶対したくなかったし、
ただ嬉しいだけの喜びを書く気はまったくなかった。

(中略)

時代は常に流れ、
新しきものが古きものを更新していくのは
是非である、
ということはしっかり言葉にしておきたかった。

引用元:EasyPopのBLOG © BETTI (EasyPop)

読者の皆さんはここから、どういう想像ができますか?

参考サイト一覧

・youtube:【巡音ルカ、初音ミク】Jump for Joy – EasyPop【オリジナルMV】

© CRYPTON FUTURE MEDIA, INC. www.piapro.net
© BETTI (EasyPop)

ぷち・ミク活をする(コメントを書く)

メールアドレスが公開されることはありません。